薬剤師が漢方薬局に転職するなら

漢方薬に対する注目は高まっている

漢方薬に対する注目は高まっている | 独自性を発揮できるのがメリット | 専門的な資格を取得しているにもかかわらず

漢方薬に対する注目は高まっていて、専門家として働ける薬剤師の需要も増えています。
漢方を扱っている薬局からの募集がほとんどですが、求人数が圧倒的に少ないという点に注意しましょう。
全国的に見ても、漢方薬局は数が少ないのが特徴です。
地域で絞り込むとさらに少なくなります。
もう少し視野を広げて漢方を扱っているドラッグストアを選ぶと、少し求人が多くなります。
ただし、ドラッグストアだと接客がメインで、専門的な調剤などはできない可能性があります。
どうしても薬局で働きたいのであれば、地域は限定しないようにしましょう。
どのエリアでもいいから働きたいというのであれば、少数でも見つかるはずです。
なぜ求人が少ないかというと、離職率が低いからです。
さらに、個人が経営している小規模な薬局が多いので多くの人手を必要としていないことも理由になっています。
「専門的な知識を持って開業したい」「極めたい」という薬剤師が多いため、離職率が極端に低いです。
そういう志の高い薬剤師が独立して開業した個人経営の薬局は、多くの従業員を雇いません。

薬剤師の転職薬剤師派遣紹介サイト