薬剤師が漢方薬局に転職するなら

専門的な資格を取得しているにもかかわらず

漢方薬に対する注目は高まっている | 独自性を発揮できるのがメリット | 専門的な資格を取得しているにもかかわらず

薬剤師の資格に加えてさらに専門的な資格を取得しているにもかかわらず、給料は優遇されていないのが現実です。
ただし、初任給が高いという特徴があります。
初任給は月収30万円ほどで、年収400万円?500万円と最初から高額になっていることが多いです。
ただし、初任給が高くてもその後年収がアップするかどうかはわからないので、不安も残ります。
正直に言うと、年収アップをするのはかなり難しいです。
アップさせるためには、キャリアを積むということだけではなく、経験と専門知識を高めていくことが必要です。
知識が深まれば、それだけ仕事がしやすくなります。
年収アップするためには、他の人材との差別化も考える必要があります。
例えば、難しい生薬の話を子どもでもわかるように漫画にして伝えたり、生薬を使った料理のレシピを提案して健康に役立ててもらうなど、自分で何かしら働きかける工夫が必要です。
「誰でもできる仕事をする」というのではなく「この人ではないとできない仕事をする」という所まで持っていくのがポイントです。
使える人材にまで育つことができれば、薬局から離したくない人材と認められて、その後の給料アップにつながる可能性があります。