薬剤師が漢方薬局に転職するなら

独自性を発揮できるのがメリット

個人経営だと開業者本人の独自性を発揮できるのがメリットなので、あえてサービスの方針を崩してしまう他の薬剤師を雇いたいと思わないところも多いのです。
薬局に転職するのは難しいのですが、転職するためには漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得する必要があります。
この資格がないと調剤と販売はできません。
事務仕事程度ならできるかもしれませんが、本格的な業務はできないので、転職する意味がなくなってしまいます。
まずは資格を取ることから始めて準備しましょう。
今まで普通の薬局やドラッグストアで働いた経験がある人でも、漢方薬局に転職するする場合は「自分は未経験者である」という自覚を持っておいたほうがいいです。
今までと全く違うものを扱うことになるので、今までの経験が役に立たない可能性が高いからです。
なので、求人広告を探すときには、教育制度が整っているかどうかをチェックしておきましょう。
教育制度が充実していれば、働きながら資格取得をサポートしてくれる場合もあります。
ちなみに、転職した場合の給料ですが、専門的なジャンルであるにもかかわらず、あまり高くありません。
平均で年収400万円ほどで、店長クラスでやっと年収600万円になるかどうかというレベルです。
普通の調剤薬局でも平均年収は400万円~500万円です。

漢方薬に対する注目は高まっている | 独自性を発揮できるのがメリット | 専門的な資格を取得しているにもかかわらず